FC2ブログ
Photo Gallery

満州国と日本  Manchukuo and Japan

  03, 2017 00:00
満州

満州国について詳しく説明した資料の中で、宮脇淳子氏の本ほど真実を正確に伝えている本はない。巷間いわれているように満州は中国ではない。本来満州人の国であった。日本主導で資本投資により立派で安全な国になったために、当時内戦で治安の中、それを避けて大量の中国人が流入し、満州人の人口を凌駕し、戦後それが理由で中国に編入されたのである。要するに、中共に侵略、編入されたのである。日本が未来のエルドラドとして、150万の日本人を送りこみ、開発した満州とは一体どんな国だったのか、宮脇氏の本をもとに概説した。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

共産主義の終焉 Grand failure of the Communism

  03, 2017 00:00
現在も残る共産主義とはいったい何か?まだ完全に消失していないのみならず、日本にもまだ巣くってかなりの支持層を得ているのである。また、キューバのように全体主義ではあるが、ある種の平等を実現している国もある。ここでは、あのズビグネフ・ブレジンスキーの著作、「大いなる失敗」から抜粋してその問題点を明らかにしたい。共産主義がなぜだめなのか、いまだその理由が完全に理解されていない。これを認識しないことは、また同じ過ちを青年が起こし、無駄死する悲劇が再来する危険性を大いに秘めている。いまこそどうして共産主義がダメなのか十分に理解する必要がある。

大いなる失敗

Why still is the Communism resting? Not only has disappeared but still it is getting some support from the people? Besides, like Cuba there are some countries which have realized somewhat Equality. Here I would like to make clear the problems of the Communism based on the book, “Grand Failure” by Zbigniew Brzezinski. It was not made completely clear why the Communism wrong. we leave this unclear, the same mistake may happen in the future. So we need to recognize why and how it is wrong.

有料 ¥100
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

英米が仕組んだ日本の伝統、文化、社会体制の破壊 

  05, 2017 00:00
title アメリカの鏡

日本を占領した米国は、マッカーサーを首領とするGHQを東京に据え、日本国の大改造を試みた。こうして、戦後の日本の政治、教育、文化の有様が形づくられるとともに、戦前の日本精神は、戦前生まれの日本人が消えるとともに失われていった。ここでは、この米国が行った日本精神破壊の陰謀をGHQの一員として見ていた良心的米国人、ヘレン・ミアーズによる著書「アメリカの鏡 日本」から抜粋しながら、彼女が憂いた戦後の日本(彼女の危惧したように日本は堕落した。)とGHQが仕組んだ謀略の中身についてひも解いてみる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

どうして大東亜戦争は起きたか、日本はなにを目指したのか Why did the Greater East Asian War happen? What did Japan seek for the war?

  06, 2017 00:00
瀬島隆三

大東亜戦争の原因についての解説は、ヘレン・ミアーズ、東条英機のほかに、瀬島隆三に登場いただく。大本営で参謀として戦争を指導し、シベリアに捕囚されてソビエトのスパイになったとうわさされた、元伊藤忠商事会長(戦後)である。氏の意見を披露したい。著書「大東亜戦争の実相」はハーバード大学に招聘され講演した内容を収めたものである。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

GHQによる日本改悪  Malreform of Japan by GHQ

  07, 2017 00:00
GHQ member b

敗戦した日本に乗り込んできたGHQには、ニューディラーと呼ばれる共産主義者が多数潜り込んでいた。そして、敗戦国日本改造は彼ら中心に実行される。彼らは、日本の非軍事化、米国流の民主化のみならず、社会主義化の実験を試みた。公職追放、財閥解体、農地解放、教育改革など一連の諸策はまさに日本社会主義化の実験-共産革命である。その結果、日本の既成勢力は解体され、愛国精神、伝統文化は破壊され、教育、マスメディア、霞が関には社会主義思想が蔓延するようになった。まさに、共産化する一歩手前にあったのである。がその後、GHQの方針は大きく変更される。本コラムは、戦後GHQが行った日本改悪の実態について概説したものである。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

What's New