FC2ブログ
Photo Gallery

Archive: 2018年10月  1/2

フリーエネルギー その3 ガソリン・プロパン代替ガス

OHMASA GAS ・・・・・ プロパンガスに代わる?!...

  •  0
  •  -

ロボットの進化 その1  人間みたいで気持ちが悪い

No image

あの鉄腕アトムを思い出す!あと10年もすれば、「アトム1号」はできるのではないか!?...

  •  0
  •  -

若者に問う-米国は中共を潰すことを決意した!

...

  •  0
  •  -

若者に問う-関西生コン事件を報道しない読売、朝日、東京新聞はやはり反日新聞だ!

事実の出ないモリカケをあれほど報道し、こちらの事件を全く報道しない新聞、マスメディアの本質を理解せよ!...

  •  0
  •  -

若者に問う-とうとう断末魔を迎えた中共

とうとう断末魔をむかえた中国共産主義...

  •  0
  •  -

若者に問う-左翼の本質

左翼とは、国民伝統文化を破壊し、文化の匂いのしないフラットな社会を目指す、すなわち文化破壊、愛国破壊のための国際的な謀略イデオロギストたちである。これがマスメディアの正体だ!...

  •  0
  •  -

若者に問う-断末魔の中共 その2

とうとう暴動がビデオになって表に出始めた!退役軍人デモP2P問題...

  •  0
  •  -

若者に問う-断末魔の中共 その3

米国は、中共の本質を理解し、これを潰す決心をした!...

  •  0
  •  -

"Small is Beautiful" その1

シューマッハ氏の唱える考え方は、現代のグローバリズムに対抗しうる思想といえる。その注目点は「経済の適正規模化」である。米国が推進してきた「大量生産・大量消費の経済」の否定である。あのチャーリー・チャップリンの映画「モダンタイムス」にみられるように産業の巨大化・分業化は人間性を破壊する。これに対するアンチテーゼが、シューマッハ氏の唱える「Small is Beautiful」すなわち、経済の適正規模化すなわち人間の丈...

  •  0
  •  -

"Small is Beautiful" その2 Human Face Technology

第2回 生産の問題 許せぬ「自然資本」の浪費現代の最もおおきな問題の一つは、工業化の進化が自然を食いつぶしている点であり、その環境破壊がもはや手を付けられない段階に達しているということである。これについては環境保護の動きが加速されているが、その破壊の背後にある人類の考え方の問題点は未だ解決されておらず、この点に関するシューマッハ氏の指摘について言及したい。「・・・かれこれ25年間(この本が出版された...

  •  0
  •  -

What's New