FC2ブログ

若者に問う-戦後利得者を排せ! 

  11, 2018 08:09
沈思黙考4

敗戦後、GHQ幹部の共産主義者たちは、日本の共産化のために日本共産主義者たちの協力を得て、日本の中枢を占めるエリート追い出し(公職追放)、その代わりに共産主義者たちを据えた。彼らは、その地位を利用して、その配下の弟子たちを組織の幹部に据えるようにし、その弟子は同じ共産主義者にあとを継がせた。大学では東大の教授が地方に広がり、まさにアメーバのようにその勢力を日本中に広めたのである。こうした構造によって、反政府のアカ大学は今も続いている。役にも立たないマルクス経済学がいまも幅を利かせる陳腐な光景がいたるところに展開しているわけだ。そうしたアカたちは、マスコミに就職し、公職追放によってすでに赤化したマスメディアに就職し、マスメディアも真っ赤化した。こうして、日本の言論空間は反政府化した。日本政府とマスメディアは、常に対立し、戦後できた赤化組合(官公労、教員組合など)からの国会議員たち(旧社会党、共産党)も加えて、政府は伝統的日本を取り戻せず、インターナショナルという世界支配者たちの隷属システムに屈しているのである。これは、単に赤化が問題ではなく、こうした世界支配者たちの戦略に旨く載せられているだけなのだ。日本のアカたちは馬鹿者でそうした陰謀もわからず、相変わらず反政府だけを生きがいにいまも日本を貶めているのである。世界は狡猾で、あの植民地主義は形を変え、共産主義やグローバリズムといった“イデオロギー”に変貌しアジア、アフリカ、ロシア、東欧を苦しめ、隷属化してきたのである。中国、カンボジアにおける数百万から数千万の自国民、他民族殺戮をみれば、彼らの狡猾な戦略がわかるはずである。残念ながら、中国人は馬鹿というほかない。彼らに見透かさられているのがわからず、その手のひらで自国民をそして他国民をいじめて、自分の「愚かさ」に気づかないのである。哀れなエゴイストたちなのだ!

左翼利得者

GHQは、東大、京大にアカの学長を据えた!

反日左翼
マスメディアもアカかバカかしらないが、そんな連中ばかりだ!陳腐化した共産主義になぜかしがみつくアホどもだ。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New