FC2ブログ

ガンにならない生活 その1  Life to evade cancer Part 1

  13, 2018 14:32
ガンは治る

ガンにならない健康な食事とは?

① 木の実、果実、根菜類
太古の生活が一番長いのであり、その自然の中で食したものが、人間にとって最もストレスが少ないと考えられる。その点からいえば、木の実(ナッツ、栗、クルミなど)や果実(みかん、りんご、柿、なし、イチジク、ぶどう、さくらんぼなど)や野菜(スイカ、人参、ごぼう、ほうれん草、大根、芋など)があげられる。こうしたものは、一番安全な食べ物である。
しかし、現代では人口肥料や殺虫剤が使われており、よく洗ってから食べるか有機肥料を使ったものを食すのがいい。

② 肉類
肉類は、昔であろうから、鳥類は食したであろう!イノシシやヤギなども食した可能性はあるかもしれないが、年数回~数十回程度のものであったにちがいない。
現代では、豚、牛、羊などさまざまなものが食されているが、日本人は、仏教の関係もあり、肉食は明治以後の150年間の食べ物であるにちがいないから、胃腸へのストレスはかなりあるのではないか。
また、現代では、ホルモン、抗生物質の注射やDNA処理されたり、殺虫剤に汚染された飼料で育った家畜であり、その人体に与える影響は大きい。卵のその意味で汚染されている。

③ 魚類
魚類は、川や海でいっぱいとって食べたにちがいない。蛋白質の大部分は魚からとったであろう。DHAなど血液の流れをよくするなど、人間にとって非常に親和性のある食べ物であるといえる(人間は、海から来たとも言われている)。
ただし、現在は、養殖ものが多く、肉と同様に抗生物質が使われており、汚染されているもの、とくにチリなど海外のものは気をつけた方がいいだろう。

④ 飲料水
飲料水は、天然水などボトルものミネラルウォーターがいい。
水道水は、飲料基準は満たしているだろうが、微量の汚染物質や塩素が入っておりやはり問題がある。また、清涼飲料水は多量の砂糖が含まれており危険である。また、コカコーラなど多量の炭酸も問題だろう。できれば飲まないほうがいいだろう。コーヒーは適度に、お茶はいいがこれも大量に飲めば、カフェイン等害がある。

⑤ 油類
健康を売り物に植物油をよく使うようになったが、オリーブ油、なつめ油、菜種油やラード等は問題ないかもしれないが、キャノーラやコーンやマーガリンなど今まで日本人が使っていない油はやめたほうがいいのでないか!よくこのごろ問題となっている食品に含まれるトランス脂肪酸(トランス脂肪酸については、食品からとる必要がないと考えられており、むしろ、とりすぎた場合の健康への悪影響が注目されている。具体的には、トランス脂肪酸をとる量が多いと、血液中の脂質の一種であるLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ることが報告されている。日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合には、少ない場合と比較して心臓病のリスクが高まることが示されている。以上、農林水産省のホームページより)の危険度が大きくなる。
  
しばりょう君の歌は、いかにわれわれが文明病に侵されていることがわかるいい歌である。こころして、自然の食物と自然にふれて、ストレスのない生活をおくるように心がけよう!


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New