FC2ブログ

シューマッハ著 "Small is Beautiful" 解説

  08, 2017 00:00
グローバリズムが世界を席巻し、アメリカニズム一色に染まっている。しかしながら、そのイデオロギーが内包する国際資本家による世界支配の構図が明らかになりつつある。こうした中、その弊害に対抗すべく米国においてもトランプ大統領が誕生した。ロシアにはプーチン大統領がおりグローバリズムに反抗している。ヨーロッパも民族的な政党がいあたるところで力を持ち初めている。マレーシアにおいても90歳を越えるマハティール首相が中共の帝国主義的経済侵略に反抗し始めた。では、このグローバリズムに代わる新しい経済思想はあるのか。この記事では、その代表格であるシューマッハ氏に登場いただき、その経済思想-”Small is Beautiful”について概説したい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

What's New